1日1回でも幸せと思える大切さ。

今の生活をしていて心の底から1回でも

『幸せだなー』

と思うことみんなあるかな?
ある人は良き良き。
無い人は

食事のコントロール暴走しがち

なんじゃないかな?
幸せと思える瞬間って人間にとって、とても大切なことなの。
なんで大切かって言うと3つのホルモンが分泌されるの。

①セロトニン

これはイライラ防止に約立つホルモンよ。

②ドーパミン

快楽物質のホルモンよ。

③オキシトシン

心を落ち着かせるホルモン

これら3つは幸せだと感じた時に出るものなの。

これらが分泌された時、自律神経が整い、過食行動や拒食行動を防ぐことができるの。
心を安定させてくれるもの。
幸せな瞬間が乏しい人は

食で幸せの穴埋めをしがちなの。

無茶食いだったり過食だったりね。
幸せを求めようとすると中々やってこないから、自分から行動してったらいいんだよ。
なんでもいいんだよね。
電車で妊婦さんに席譲るとかね。

良いことをした=幸せ

に結びつくと思うんだよね。
むしろそれで
『ありがとう』
て言われたら凄い嬉しいでしょ。
そうやって幸せって作っていくんだよ。

幸せって本来求めるものじゃなくて作っていくもんだからさ。

作っていくうちに、いつの間にか食事バランスは安定してるよ。
人間って意外と単純なのよ。
心と脳と体が繋がった時、ちょっと楽になれるさ。

楽になっていいんだから楽になろう。

公式ホームページ
500円体験&カウンセリン実施中

プライベートジムArCHON feat ゆでたまん先生のインスタグラム

ゆでたまん先生#ゆでトレ有料配信動画×REQU

ゆでたまん先生の著書『体重計なんて捨てちまえ』全国書店で発売中

⬇️アマゾンからの購入はこちら

⬇️楽天からのご購入はこちら

 

YouTubeチャンネル:ゆでたまん先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です