産後ダイエットの苦しみ

産後の自分の体を見てほとんどの人が愕然とするだろう。
垂れ下がった皮膚、膨らんだお腹。
早くダイエットしなきゃと色んなことを一気に開始する。
確かに産後ダイエットは出産後早いに越したことはない。
しかし、慣れない育児、手伝ってくれない夫への不満、中々痩せない体。
色んな不満がどんどん蓄積され、その矛先が我が子に行く場合がある。

なぜそんなに焦る必要がある?

何がそんなにあなたをダイエットに駆り立てる?
メディアの情報か?
それともSNSの情報か?
なんだ?
時間が経つと太ったままだなんてことは絶対ないんだよ。
出産後時間が経ったとしても、しっかり筋トレを行い、バランスの良い食事をしていけば体は変わる。
むしろ出産後ある程度時間を空けてからダイエットに本腰を入れた方が、育児慣れし、女性ホルモンの分泌も整う。
その為、変にストレスを溜めることなく、生活にフィットネスを組み込むことができる。
結果オーライよ。
たまに質問で
『妊娠中なんですが、足痩せに効果のある妊婦でも出来るエクササイズと食事法を教えて下さい』
と言うようなメッセージが来るの。

正直俺びっくり

なんでびっくりかって、我が子の成長よりも自分のダイエットが優先なんだもん。
俺らの母親はそんなことしてたか?
私の世代の母親達は、我が子をしっかり産む準備の為に、ウォーキングしたり、食事を整えたりはしてたと思うけど、妊婦の時まで痩せることへの執着心って無かったはずだよ。
新しい命を授かってまでも痩せることへの執着心が強いのは

他人評価
承認欲求

この2つが強いせいだと思う。
現代病みたいなものよ。

人から賞賛されたい
キレイなママって思われたい

実際、そんなに人は自分のこと見てねーんだわ(笑)
他人の目を気にするよりも、我が子を気にしてあげよーよ。
子供すくすく大きくなって、あっという間に言葉がしゃべれて、直ぐに自分の手がかからなくなる。
ちょっと落ちついてから筋トレに本腰入れてもいいんじゃない?
産後の育児期間を、より強くキレイに生まれ変わる充電期間だと思えばいい。
焦るな。

大丈夫だから。

公式ホームページ
500円体験&カウンセリン実施中

プライベートジムArCHON feat ゆでたまん先生のインスタグラム

ゆでたまん先生#ゆでトレ有料配信動画×REQU

ゆでたまん先生の著書『体重計なんて捨てちまえ』全国書店で発売中

⬇️アマゾンからの購入はこちら

⬇️楽天からのご購入はこちら

 

YouTubeチャンネル:ゆでたまん先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です